マーケティングリサーチ

店舗開発・立地調査コンサルタントブログ「集客のホークEYE」

大阪市都島区 BANBAN+1 「ほかにはない価値が立地の不利を挽回できるか」

BANBAN+1 歓楽街 京橋に新たな華を咲かせるために

BANBAN+

JR京橋駅を降りると、若い女性の列。

「キャバクラいかがですか~」「ガールズバーどうですか~」との声が掛かります。
一度、同じパチンコ業界の方とお姉さんの言われるままにバー行ったことがありますが、商店街の奥の奥の店まで連れていかれました。

 

京橋というと、なんとも昭和風な歓楽街と安い飲み屋さんが多い街という印象。
雨の日に行くと、まさに映画・ブレードランナーの光景が広がります。
そのへんのうどん屋さんから「ふたつで十分ですよ」おじさんが出てきそうな雰囲気があります。

 

シラフで歩いてみると、賑わいのある商店街は意外と狭いことに気が付きます。
ですから、奥にある飲み屋の皆さんは表通りまで客引きに来ないと商売があがったり、というわけです。

 

BANBAN+1 GIS エリアマップ

 

パチンコ市場としての京橋はこれまた独特です。
大手・中堅チェーンが一切顔を出さない街。
それでも表通りのパチンコホールは、夕方以降仕事帰りのサラリーマンでごった返します。

 

では裏手のパチンコホールはどうか。

 

昨年末から年頭に掛けて、裏手にある3つのパチンコホールが閉店しました。

 

① 『CLUB Z京橋店』

京橋のおとなの桃源郷・サンピアザビル1Fのパチスロ専門店

 

② 『SALVATORE』

2階層のパチスロ専門店。色々色々あったようです

 

③ 『はなまる』

飲み屋さんが多く入居するビルの1階。低貸専門店

 

飲み屋さんと同様に、裏手のホールはしんどいようです。

 

JR京橋駅を起点に考えると…3つの壁が立ちはだかります

(夜限定ではありますが)

 

■ずらっと並ぶ客引きの勧誘をガン無し
■お客さんで溢れるパチンコホールにも目もくれず
■サンピアザビルの誘惑に打ち勝つ

 

昼間の京橋は比較的健全な?街ですが、お金を落としてくれるお客もそれほどいません。
そう考えると、コアの営業時間は1日4時間(18時~21時)あるかないか。

 

2月26日に『はなまる』跡地に『BANBAN+1』がグランドオープンしました。

明るい感じの低貸専門店から、シックでゴージャスなパチスロ専門店への模様替え。

 

店内はというと…(自分の語彙の少なさにガッカリしながらの紹介です)

 

  • ・あちこちに貼られた獅子をデザインした金色のエンブレム
  • ・床は茶色・こげ茶色の絨毯
  • ・島上から天井を照らすミラーボール型の照明
  • ・ビグモプレミアム・各台計数機等の最新設備
  • ・コンシェルジュを思わせるスタッフの制服
  • ・エリア初の外税営業

 

スケールでは競合に劣るため、コンセプトと短いコアタイムを逆手にとった外税営業に活路を見出したようです。

入店したときに、スタッフが布のおしぼりを渡してくれる店舗はなかなかありません。

 

オペレーション面で気になった点をふたつ。

(1)男性スタッフの髪型。
せっかくカッコいい制服を着ているのだからもう少しビシッと。

(2)女性スタッフのアナウンス。せっかく…(以下省略)

 

折角のシックでゴージャスな店舗のイメージコンセプトが、一気に普通のパチンコホールに雰囲気が逆戻りです

 

ではまた。

 

BANBAN+1 の遊技台推移・リニューアル情報

BANBAN+1  直近のグランドオープン・リニューアル情報

パチンコ・パチスロ設置台数・導入撤去推移データ
※p-search会員の方のみご覧いただけます。

 

 

 

大阪市都島区のパチンコホール情報

パチンコ・パチスロ情報島

エリアレポート

 

 

BANBAN+1の競合店となる近隣のパチンコホール

 直近のオープン・リニューアル情報(2015年4月14日現在)

パチギンアース&ムーン

GENESIS

シャトー会館

グランシャトー

京一会館

スペースミヤコ

 

 

パチンコ・パチスロ設置台数・導入撤去推移データ(p-search)

パチギンアース&ムーン

GENESIS

シャトー会館

グランシャトー

京一会館

スペースミヤコ

※p-search会員の方のみご覧いただけます。



aaaaa