マーケティングリサーチ

店舗開発は集客を鑑みた立地調査・商圏分析・客観的な
マーケティングリサーチが不可欠

パチンコホール様から店舗開発のご相談や集客を鑑みた商圏分析・マーケティングリサーチの受注を頂く場合には、「ここに出店したい!」という強い意欲を感じるケースも多くあります。“箸にも棒にもかからない” と判断される案件に、お金を掛けてマーケティングリサーチを依頼されるパチンコホール様はいらっしゃいませんし、出店意欲が旺盛なパチンコホール様だからこそ、不動産業者様からも出店のお話が来るわけです。マーケティング調査の対象となる商圏が出店地として適さない(集客力が弱い立地)と判断する場合、「人の恋路を邪魔する奴は、馬に蹴られて死んじまえ」と言われてしまうかもしれませんが、様々なデータ分析手法を用いて客観的な目線で冷静に判断させて頂き、コンサルティングいたします。新しく出店する店舗のより良い船出と、地域のパチンコファンの皆様との出会いをご支援いたます。

パチンコホール店舗開発におけるマーケティングリサーチ

本当の意味で人材育成の必要性を知るイメージ

ビジョンサーチ社の出店調査では、北は北海道、南は沖縄まで全国各地での実施実績を踏まえて集客力を考慮した適切な商圏範囲設定を行います。弊社発刊のパチンコ業界紙「デジタル日刊遊技情報」のエリアレポートでも全国各地に赴いているように、単なる稼働数ではない土地の現状をその目に焼き付けております。また、パチンコ・パチスロ遊技機設置シェア分析データ「あるあるシート」のノウハウを生かした調査・分析を行い、未知の競合店舗のトレンドまで把握する事を可能にいたします。

さらに詳しく

パチンコ・集客を鑑みたマーケティングリサーチの必要性

ミステリーショッパー(覆面調査)による店舗診断イメージ

総務省統計局が実施した平成23年社会生活基本調査によると、10歳以上の推定人口に対してパチンコ遊技の行動者率は10%(男性16.0%・女性4.2%)、1年あたりの平均行動日数は50.1日(男性50.3日・女性49.6日)となっており、パチンコ遊技は限られた方の遊びとなります。この観点を的確に鑑みる事でパチンコホールの店舗開発に最適なマーケティングリサーチが可能となります。

さらに詳しく

店舗開発・立地調査・商圏分析のポイント

店長・主任・管理職のマネジメント力アップイメージ

パチンコホールの店舗開発には集客のためのアクセス・人口など多くの要素を鑑みなくてならないポイントがあります。その中でも特に重要な3つの要素をご紹介いたします。「マクロ・ミクロの立地分析」「適切な商圏範囲の設定」「ハフモデルの考え方」です。どの要素が欠けていても最適なマーケティングリサーチとなりません。

さらに詳しく