パチスロ主要機種レポート パチンコエリアレポート 導入店試打 新機種カタログ 日刊

『ウイング橋本』、「地域活性化」で『ダイナム』に対抗

投稿日:2013年4月11日 更新日:

2013年4月11日(木)号

■新機種カタログ
[パチンコ機]
西陣「CR花満開 極上FB」

■パチスロ主要機種レポート
「猪木」初週、1割空席/「鬼武者」稼働、「ジャグ」以下に

■導入店試打
「アントニオ猪木が伝説にするパチスロ機」(オリンピア/ATタイプ)

■エリアレポート 和歌山県橋本市
『ウイング橋本』、「地域活性化」で『ダイナム』に対抗
<調査店舗>
ウイング橋本店/オリーブ/ダイナム橋本店/マルマン神野々店/マルマン隅田店(順不同)

コラム

▼ベトナム第3の都市ダナン。リゾート観光都市として着実に成長し、日系企業の進出も始まっている。20年前に日本に留学し、そのまま日本企業に就職したベトナム人の知人。2年前にベトナムに戻り、何か日本で得た人脈や日本語能力を使ってビジネスがしたい、と話す。「20年前には日本がこんなに落ちるとは想像できなかった」と▼一時期、日本人が経営するカジノとして話題になったゲーム場。実際にはカジノライセンスではなく、ゲームセンターとして認可を得ている。違いはマシンか対面か。ディーラーがいるカードゲームはカジノでしかできない。ゲームセンターではあくまで機械相手。日本のパチスロも50台ほど設置されている。「お客は1日150人。ゲームセンターはベトナム人も入れる」と▼ホーチミンのカジノで先日スロットで50億円が当る「事件」が起こった。カジノ側は機械故障として支払いを拒否、お客と訴訟になっている。「ダナンも5つ星ホテルがゲームセンターを開きたい。だが直営はリスクがあるので提携会社を探している。日本でどこかやらないか」と。社会主義国。だが実態は資本主義。「風俗営業系ビジネスはこれから。競合も少ない。日本の3~40年前と同じ」と(桜)

-パチスロ主要機種レポート, パチンコエリアレポート, 導入店試打, 新機種カタログ, 日刊
-, ,

Copyright© 日刊遊技情報 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.