商圏分析・店舗開発

マーケティングリサーチの必要性

パチンコユーザーの集客に適した立地

マーケティング戦略

何の制限や条件もなく「パチンコホールに最も適した場所はどこか。どのサイズが適正か」と言われれば、「エリアで最も流行っているパチンコホールの隣に、そのパチンコホールよりも大きなサイズで」とお答えします。実際に大手チェーンや地場の有力ホールはそのようなセオリーで店舗を拡大してきたかと思います。

 

「パチンコホールの出店」を考える前に

  • ・パチンコホール運営とは、どのような商売なのか
  • ・パチンコを遊技するとは、どのような消費活動なのか

 

 

を考える必要があります。

 

パチンコとはマーケティング的には「不要不急」の商売であると考えます。

不要不急とは本来の意味は「重要ではなく、急ぎでもないこと」とありますが、少し乱暴な言い換えをすると“それが無くても生きていける”となります。いわば、ボーリングやゴルフ、カラオケ等、他の娯楽と全く同じ面があります。ただ、パチンコホールの場合、他の娯楽と異なり、多くの方にある程度の頻度で来店・遊技(=時間消費とそれに見合う対価の支払)を求めなくてはいけません。

 

 

パチンコホール側の理想とする顧客は「来店頻度が週3~4日以上」と考えられます。

ですので、“不要不急の商売”にもかかわらず、多くの常連顧客を囲い込む必要があります。このことがパチンコホールのマーケティングで非常に重要です。

 

マーケティングは「顧客が求める商品やサービスを作り、その情報を届け、顧客がその商品を効果的に得られるようにする活動」の全てを示しますが、特にパチンコホールでは、多額の初期投資とランニングコストが掛かりますので、その第一歩である“出店をするかどうか”の判断が非常に重要になっているわけです。

 

 

マーケティングリサーチが生み出す価値のあるデータ

人と趣向を選ぶ商売を考えると、立地調査・商圏分析が必ず必要となります。てっとり早く考えれば、現在流行っているパチンコホールはパチンコユーザーを集客するのに適した立地、または吸引力を保持していることになるので、その横にそれを上回る魅力度のパチンコホール作れば良い。

 

となるわけですが、競合店を上回る魅力・集客力を作るためには何が必要なのか?地域性を鑑みて競合店とどう差別化を行うか?等の課題解決の材料として立地調査・商圏分析データが非常に重要となるのです。

 

お気軽にご相談下さい

「あの店舗が出店したあの土地、うちにも話が来ていて断ったんだ。あれだけ流行るなら、なぜ出店に踏み切れなかったんだろう」


「後から考えれば、あのときはプラスの要素しか目に入らなかった。誰か冷静に判断しれくれたらこんな事には・・・」


パチンコホール様でよく聞かれる話です。 「与えられた条件で、最大の成果を出す」これは当社の行動指針です。 ホール運営を行う皆様からすると、立地というものは覆すことのできない大きな「与えられた条件」となります。 「良い条件を与えたつもりが、実はそうではなかった」というケースは実に多いです。


失敗のできない新規出店。ぜひ一度ご相談ください。

  • パチンコ業界紙 デジタル日刊遊技情報
  • FACEBOOK
  • 全国パチンコ・パチスロデータベース P-Search
  • パチンコホール向け営業販促電子POP 各台表示デジタルサイネージVPOP
  • パチンコ・パチスロ遊技機設置シェア分析データ
  • パチンコ・パチスロ グランドオープン情報
PUBLISH INFORMATION

ビジョンサーチ社ではパチンコ業界向けの書籍を多数出版いたしております。パチンコホール企業の売上・所在地・グループ企業を 一覧にした全国パチンコ企業年鑑やパチンコホール出身の著者によるパチンコ店における営業計数の解説・問題集、人事マネジメント 教本など多岐にわたるパチンコ業界人必読の書籍をご紹介いたします。

  • 初心者のためのパチンコ営業計数
  • パチンコ業界入門学
  • 広告規制でも効く表現
  • パチンコホールにおけるマネジメント入門学
  • パチンコ店長のための人事労務入門学
  • 広告規制でも攻める表現
  • パチンコ店長営業計数ステップアップ問題集