ダイコク電機、『DK‐SIS白書2012』発刊の記者発表会を開催 ~業界総粗利の減少に歯止めかからず

パチンコ業界ニュースパチンコ・パチスロ情報島

ダイコク電機、『DK‐SIS白書2012』発刊の記者発表会を開催 ~業界総粗利の減少に歯止めかからず(日刊遊技情報)

 ダイコク電機は3日、東京都文京区後楽の東京ドームホテルで、昨年のDK‐SISデータをまとめた『DK‐SIS白書2012』発刊についての記者会見を行った。データから、4円パチンコの不振がつづきパチスロでも業績が頭打ちとなったことにより、業界の総粗利が過去最低を更新したことが浮き彫りとなったと説明された。

 同白書は、SIS会員ホールの営業データを収集・分析し、ホール業界全体の営業動向をまとめたもの。記者会見での報告によれば、2012年の業界全体の粗利を3.78兆円(対前年比マイナス0.4兆円)、売上を24.8兆円(同プラス0.2兆円)と推測。売上が微増となった原因のひとつとして、東日本大震災が発生した2011年に比べ2012年の営業時間が長かったことを挙げた。そのため、業界全体の市場規模では縮小傾向がつづいていると指摘した。

 市場規模縮小の最大の要因として挙げられたのが、4円パチンコの不振であった。1日あたりの平均で4円パチンコ1台あたりの稼働時間は3.9時間、(対前年比マイナス0.2時間)、粗利は4083円(同比マイナス173円)と、前年よりさらに悪化した。悪化の背景には、時間粗利の上昇があるという。同年の4円パチンコの時間粗利は1050円となり、前年に比べ10円の上昇。3年連続の1000円台と、高粗利営業が固定化。この結果、新台寿命の低下が避けられず、遊技機購入の増加、さらなる時間粗利の上昇という悪循環が形成されているという。

 発表会で登壇した栢森秀行代表取締役は、「4円パチンコの復調の兆しが見えず、相変わらず時間粗利の上昇と稼働時間の減少がつづく。パチスロも2012年の後半には業績が下落しており、パチスロ依存を再考する必要がある。パチスロの時間粗利が4号機の全盛期の水準に近づいており、数年間かけて定着させた5号機ファンを手放さないためにも遊技機のバランスを再構築すべきだ」と述べ、ホール営業では抜本的な構造改革が必要とされていることを訴えた。

 DK‐SISが擁する会員数は、本年5月末時点で3614会員。遊技台数は約122万台に達している。

105_40.jpg
[7月5日・日刊遊技情報]

【関連リンク】
ダイコク電機株式会社ホームページ

1.JPG

戻る

-PR-
パチンコ・パチスロ情報島
日刊遊技情報ニュースの掲載は、「パチンコ・パチスロ情報島」へ移動しました。

GW-20130130-143906.jpg